限定1500体!いとしさと切なさとロマンを感じるリチャードマウスとテディベア|シュタイフ|steiff|ぬいぐるみ

今日も元気にぬいパト!

今日はロマンティックが止まらない!そんなぬいぐるみさんを見つけました!

シュタイフさんの「リチャードマウスとテディベア」です。

すごく素敵ですよね!素敵すぎますよね!

ネズミさんの表情を見てください。すごくすごく大切にクマちゃんを抱っこしてますよね。クマちゃんもすごくうれしそうに抱っこされている。ふたりの想い合っている気持ちが伝わってきます。

↓こちらの素敵な作品のすばらしいコンセプトはこちらです↓

◆◆◆シュタイフ公式HPより引用◆◆◆
リチャード・シュタイフがテディベアを発明したのは1902年のことでしたが、より完璧なデザインを目指してその後も努力を重ねました。そしてようやく1905年にリチャードが理想とするテディベアが完成します。ネズミが大切に抱えているのは小さなグレー色のテディベアで、リチャード・シュタイフが1905年に完成させた彼の理想のテディベアをモチーフにしています
◆◆◆ここまで引用◆◆◆

このコンセプトに心を動かされないぬいぐるみ loverさんはいないと思います。私やぬいぐるみ loverの皆さんは、リチャードマウスがこのテディベアが大好きで大好きで、一番の友達で相棒で、大切な存在だということをすごく共感できると思っています。感動。心打たれますよね。

サイズは12㎝とわが家の仔ぐま(potte)と同じサイズなので可愛らしい片手の手乗りサイズ。生産数は世界で1500体だそうです。20,000円台と高価ですが、ぬいぐるみラバーの心を表したこの作品。可能であれば手に入れたいです・・・^^!(お財布と相談中!)


ぬいパト
スポンサーリンク
シェアする
なれずしブログ
タイトルとURLをコピーしました