絵本「せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ」

 

 

 

クリスマスにほんわか優しい気持ちになれる「せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ」

sekaiiitisiawasenakuma-narezushiblog

わたしの大好きな絵本です。

クリスマスな表紙に惹かれ、帯に書かれた

「はやくだれか、むかえにきてよ」

この言葉に心が切なくなる思いで絵本を購入しました。

sekaideitibansiawasenakuma

物語はクマのぬいぐるみのウーウーが主人公。

ウーウーの辿るぬいぐるみ人生は、きっと多くのぬいぐるみさんが辿る道。

愛されて、大切にされて、別れがあって、こわれていく。

でも愛されるために生まれてきたぬいぐるみはいつだって、自分が求められることを待っているのです。

この絵本は、そんなぬいぐるみウーウーの心情がわかりやすくシンプルに表現されています。

ぬいぐるみさんが好きな人には心打たれる物語だと思います。

初めて読んだとき、私は少し涙しちゃいました。

 

絵にもひとつひとつに物語があり、丁寧に細やかに描きこまれています。

一度で楽しむというよりも、何度も読んでみて、その度に新しい発見を見つけることが楽しい絵本です。

クリスマスの物語なので、昨年のクリスマスシーズン中はオーナメントの一つとして立てかけて飾っていました。

表紙がとてもかわいらしいので、とても気に入っています。

もちろん今年も、きっと来年もずっとずっと飾ります。

ぬいぐるみウーウーがクリスマスの奇跡で幸せになる物語

 

 

 

▶︎HOMEに戻る

おすすめ品
スポンサーリンク
シェアする
なれずしブログ
タイトルとURLをコピーしました